株式会社OMOしろい 宇賀 俊之

起業家プロフィール

あなたがいるからOMOしろい(おもしろい)。農福商工連携に取組む会社です。

株式会社OMOしろい

宇賀 俊之

出身地
千葉県
生年月日
1960年6月23日
幼少期〜学生時代について
千葉県白井市の農家に生まれ、自然豊かな田舎で育った。
農業を行うことが当たり前と思い、東京農業大学に入る。
社会人時代について
最先端の農業を知りたくて、当時こだわり野菜の安心安全を導いた生協に入り、消費者の立場で農業を見つめた。
その後農家として土・水・微生物に月の満ち欠け等を研究し、一通りの技術を身に付け農業にのめりこんでいた。
縁が有って、安心安全な野菜作りを誰でも気軽に挑戦できるハーブのステビア草を肥料にした農法の研究員として働くことになり、全国の優秀な農家さんや国公立大学と共同研究を行った。
その後、妻の病気をきっかけに起業へと進んで行った。

起業家への十問十答10 questions and 10 answers

具体的な事業内容について
ステビア農業肥料の販売と、そのステビア肥料を用いた農法の野菜・フルーツを中心に仕入れ販売します。仕入れた農産物の直売と料理にして提供する自営の農cafe&shopを展開。
農業生産法人化を行い、障がい者と一緒に農業を行う。その野菜を加工販売する農商工連携事業を行う。
こだわり
安心安全なステビア農産物の普及とその販売をセットで行い、農家さんの高品質野菜作りのサポートをシッカリ行う。
後継者不足の農業に、障がい者を巻き込む農福商工連携を行い、垣根のない雇用を推進する。
事業を始めたきっかけ
妻が末期がんと分かり、手術も手遅れのような状態であったため、健康なステビア肥料で栽培した野菜と、良く笑うことで余命を3か月から4年に延ばした。それをきっかけに、安心安全なステビア農産物を販売する会社を起業した。

その後、農cafe&shopをスタートさせた際に、障がい者を雇用してことをきっかけに、農福商工連携という新しい農業システムを提案し、実践している。
今後の展開と目標
ただ今ブレーク中のステビア農産物、特にフルーツの販売を強化する。
今後は農地の拡大を行い、家庭菜園から本格農業までを行い、障がい者を含めた生活弱者と一緒に行う農業の発展を進める。将来的には障がい者が一生安心して生活できる生活の場を作ること、農家のおばちゃんが孫のために作る愛情たっぷりの野菜を少し多く作ってもらい、それを集めて販売する事業を行う。
最終的には、垣根のない雇用の充実と面白い(OMOしろい)職場を作り上げる。
なぜ千葉で起業しようと考えたのか
千葉県で生まれ、生活のベースがあったから。
尊敬する起業家や経営者は?
松下幸之助、本田宗一郎
影響を受けた本は?
破天荒 サウスウエスト航空 驚愕の経営
座右の銘は?
笑い

理由は?
全ては笑いから!
注目するちばの経営者は?その理由は?
分かりません
ありがとうを贈りたい方へメッセージ
私に係わてくれた全ての人に感謝申し上げます。
今の私は皆さんなしではありえません。
本当にありがとうございます。

会社概要Company Profile

会社名 株式会社OMOしろい
事業概要 農業生産法人
農産物の卸し
農業肥料販売
飲食店経営
企業理念 誠実 真心 クレイジー
所在地 千葉県白井市谷田1349-4 他社との違い 株式会社が、農福商工連携を行う
業種 外食農林水産鉱業 設立年 2009年
電話番号 資本金 3000万円未満
現在の年商 5000万円 従業員数 15名
HP ホームページはこちら