行政書士 アイズ法務事務所 藤原大輔

起業家プロフィール

行政書士 アイズ法務事務所 藤原  大輔
弊所 外観

弊所 外観

頼れる街の法律家、親切・丁寧にお役に立つご提案を致します。

行政書士 アイズ法務事務所

藤原 大輔

出身地
千葉県船橋市
生年月日
1984年3月17日
幼少期〜学生時代について
船橋市生まれ、佐倉市育ち。

当時、今よりも20㎏以上太っていた為、自分に自信もなく内気で人見知りな少年時代を過ごしておりました。
振り返ると、友達に笑ってもらったり、喜んでもらうのが好きな子だったと思います。
社会人時代について
特にやりたい事もなく、接客業が好きという理由と縁で、最初は携帯を扱っている会社に就職致しました。相変わらず人見知りではありましたが、営業成績は県内でも良い成績を残せた時もあり、やり甲斐もあったのですが、なぜか退社。

そして、製薬の会社に勤めて、待つ接客から自分から営業していく事に。
当時はわからない事ばかりで、朝から夜遅くまでがむしゃらに過ごしていた気がします。
実際、退社してからもっとこうすれば会社の役に立てたかもしれない…と後悔することもございました。
そんな中、上司から「これからの時代は資格だよ」と言われた事、以前勤めていた会社で耳にする機会があった事などから、行政書士の資格を勉強する為に税理士法人へ転職。(行政書士の勉強しながらの勤務にご理解いただいていたため)

ただ、平日詰めた勤務では勉強時間が取れなかった為、シフト制のカフェに就職し、本格的に勉強を開始致しました。カフェに勤めて気付いたことは、接客業が好きということ。

就業中に無事行政書士試験に奇跡的に合格。迷いの末に育った地元に貢献したいという気持ちで開業し、現在に至ります。

起業家への十問十答10 questions and 10 answers

具体的な事業内容について
建設業や産廃業などの許認可、ビジネス法務から遺言・相続、離婚などの市民法務を中心に様々な案件に携わっております。
こだわり
わかりやすく、親切・丁寧に!
そして、少しでもご相談いただいた方のお役に立てるように尽力しております。
事業を始めたきっかけ
人の役に立ちたいというざっくりしたところからです。
(行政書士の漫画やドラマを見た影響もあるかもしれません )
今後の展開と目標
行政書士として、より皆様に良い提案をしていく事も続けていきながら、地元佐倉市や千葉県に人が来てもらえたり、定住してもらえるような事業や活動を行なっていきたいと考えております。
なぜ千葉で起業しようと考えたのか
生まれ育った、佐倉市や千葉県が好きという理由からです。
尊敬する起業家や経営者は?
本で読んだ方々もそうですが、今までお会いして身近に見てきた起業家、経営者様方です。
十人十色ですが、素敵だなと思う事が多いです。
影響を受けた本は?
啓発本や参考書が多いです。
座右の銘は?
温故知新

理由:過去から学ぶものもとても多く、その事由も大事にしつつ、現在にその都度合わせていく事が大切と考える為です。
注目するちばの経営者は?その理由は?
株式会社千葉ジェッツふなばし 島田代表取締役社長
千葉県商工会議所青年部連合会の企画にてご講演いただき、経営方針など拝聴致しました。注目する経営者様のお一人です。
ありがとうを贈りたい方へメッセージ
ベタですが、家族に…。
と、私なんぞに関わってくださってる方にありがとうを贈りたいです。

会社概要Company Profile

会社名 行政書士 アイズ法務事務所
事業概要 ・建設業、産廃業などの許認可業務
・遺言や相続、離婚などの民事法務
その他、様々なお困り事に対し、ご提案致します。
企業理念 一人ひとりに寄り添う街の法律家として、人に、街の為に
所在地 千葉県佐倉市染井野5丁目12番地2 他社との違い 業界の中では若い方ですので、フットワークの軽さやご依頼者様の為を想う熱意などは負けてないと思います。
業種 コンサルティング・リサーチ・専門事務所 設立年 2012年7月17日
電話番号 043-308-5167 資本金
現在の年商 従業員数 3名
HP ホームページはこちら

隣接士業様とも連携しておりますので、お困りになりそうな事がございましたら、お気軽にご相談いただければと思います。
親身に伺わせていただき、ご提案致します。

★くさのねフェス実行委員会としても活動中!
従前、佐倉市で開催された地域クラウド交流会にて佐倉市で音楽フェスをやりたい!とプレゼンさせていただき、その後、様々な有志の方々と出会い、協力し、私も実行委員として開催に向かって活動をしております。

【くさのねフェスとは】
2017年9月3日(日) に、草ぶえの丘にて開催された佐倉市主催・佐倉市初の大型野外音楽イベント。
全29 組の出演者、出店数30 店舗の関係者が一体となってイベントを盛り上げ、来場者数は約1700人にのぼった。

くさのねフェス公式ホームページ
http://sakura-kusanone.com/